異文化交流事業部

国境っている?

この事業部は日本国内・国外に関わらず、子どもたちが国境を超えて文化の違いを学び、違う国の子どもたちを認識し、考えられるようになることを目的としています。

国内チームは、日本の小・中・高等学校に向けて出張授業を行い、国際協力の魅力を伝えています。

国外チームは支援先のカンボジアの子どもたちにセミナーをおこなったり、カンボジアを初めとする発展途上国の子どもたちの夢を尋ねるビデオ企画を行い、子どもたちが当会のビジョンである「すべての子どもたちが未来へ希望を持てる社会」への1歩を踏み出せるよう支援をしています。

 

総合教育事業部~マネジメントチーム~

「やりたい」をかたちに

このチームでは現支援先に対して、どのように支援を行っていくのが自分たちの自己満足ではなく、相手のためになるのかを考えています。

また、本当に貧しい地域に支援を行うべく、既存の支援にとらわれない新しい支援法を模索しています。

 

総合教育事業部~ハード面チーム~

ハート(愛)とハード(物資)を届ける

このチームは、教育を建築・物資支援の面から支援を行っています。

カンボジア提携校への水回りの整備(ため池整備、水タンク、手洗い場設置等)や、文房具・上履きを送り届けたり、教室の改築といった支援を行なっていきます。

このチームが支える「環境」は、子どもたちの「教育の土台」です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は timeline_20200326_183801-1024x682.jpg です

 

ラオス事業部

新しい方法、新しい国、ラオスにより豊かな生活を

従来の風の会の支援方法とは異なり、全ての関係者と協力して、一緒にプロジェクトを計画段階から進めていく参加型手法を用いています。

関係者や支援先とより密接な関係を保ち、人とのやり取りやコミュニケーションを大切にした支援を行っています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は timeline_20200326_183821-1024x768.jpg です

 

ファンドレイジング事業部

組織を大きくしていく原動力

風の会が行う支援活動の主な財源は、会員の入会費や募金活動・会外の方々や企業様からの寄付等です。ファンドレイジング事業部は、風の会の支援の幅を更に広げ、より多くの子どもたちが希望を持てる社会の実現のために、新たな資金調達方法を模索し、実行しています。

「お金」と「支援」は切り離せないものであり、何も行動を起こさなければお金は生まれません。単に利益を得ることを追求するのではなく、調達した資金を、カンボジア・ラオスの子どもたちが、充実した教育を受けられる環境の実現のために使う。これがファンドレイジング事業部の最大のゴールです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は timeline_20200326_183844-1024x768.jpg です

© 2021 特定非営利活動法人国際協力NGO風の会